W不倫(ダブル不倫)発覚で生じるトラブルとその解決方法

監修者
弁護士 鈴木 翔太
弁護士法人鈴木総合法律事務所、代表弁護士の鈴木翔太です。
弊所では、99.21%の方から弁護士の応対についてご満足の声を頂いており、98.81%の方からお知り合いに紹介したいとの声を頂いております。
まずはお気軽にお問い合わせください。
  • 不倫相手にも自分にも配偶者がいるのでトラブルが拡大して困っている
  • 不倫相手の配偶者から慰謝料請求されたので反対に自分の配偶者から不倫相手に対し慰謝料を請求させたい
  • 慰謝料請求されていることを自分の配偶者に知られたくない
  • W不倫(ダブル不倫)しているけれど離婚したくない

既婚者同士の不倫、いわゆるW不倫(ダブル不倫)において慰謝料請求や離婚問題に発展した場合、当事者が多いこともあって権利関係が錯綜しやすくトラブルが拡大する傾向にあります。

この記事では、W不倫(ダブル不倫)特有のリスクと解決方法について解説いたします。

1.W不倫(ダブル不倫)とは

W不倫(ダブル不倫)とは、既婚者同士の不倫です。
不倫している男女において、男性側には妻が、女性側には夫がいる場合はW不倫(ダブル不倫)となります。

一般的な不倫のケースでは、当事者の一方だけが既婚者です。

W不倫(ダブル不倫)の場合は双方が既婚者であることから、離婚トラブルや慰謝料請求のトラブルが倍となり、大きな混乱が生じやすい傾向にあります。

2.誰が誰に対して慰謝料を請求できるのか?

W不倫(ダブル不倫)が行われたとき「誰が誰に慰謝料請求できるのか」整理しましょう。

なお、以降の説明においては説明をわかりやすくするため、登場人物を以下の通り表記します。

上記のモデルでは、A氏とBさん、X氏とYさんが婚姻関係にあります。また、A氏とYさんがW不倫(ダブル不倫)の当事者です。

原則として「不倫をされた人」は「不倫相手」に対し慰謝料請求できます。
慰謝料について男性・女性の区別はありません。

W不倫(ダブル不倫)の場合、「不倫をされた人」は2人、「不倫相手」も2人となり、不倫をされた人(2人)には慰謝料請求権が認められます。

上記のモデルでいえば、A氏の妻であるBさん(不倫をされた人)はYさん(不倫相手)に慰謝料を請求できますし、Yさんの夫であるX氏(不倫をされた人)もA氏(不倫相手)に慰謝料を請求できます。

相談無料
そのお悩み、弁護士に相談しませんか?
・ご相談者の満足度99.21%
・知り合いにも紹介したい方98.81%

3.慰謝料のクロス払いになる可能性がある

W不倫(ダブル不倫)の場合、「夫婦」を単位としてみると、双方がお互いに慰謝料を支払い合う結果となります。モデルでいうと「A氏Bさん夫婦」が「X氏Yさん夫婦」に慰謝料を支払い、「X氏Yさん夫婦」が「A氏Bさん夫婦」に慰謝料を支払うという関係です。

不倫相手から慰謝料を払ってもらえたとしても、自分の配偶者が相手の配偶者に慰謝料を払うことになるので、結果として「クロス払い」となり全体としてはお金の動きがなくなるということです。

慰謝料を回収するには多大な労力がかかります。相手方に内容証明郵便を送って交渉を重ね慰謝料を支払ってもらったとしても、自分の配偶者が慰謝料請求されてそのお金を取り戻されてしまったら徒労に終わります。

慰謝料請求を受けた場合も同じことが言えます。
相手方配偶者から受けた慰謝料を支払うとしても、あなたの配偶者から相手の配偶者(不倫相手)に慰謝料請求させることが可能ですので、これを実現することで相手方に支払った慰謝料を取り戻したことになります。

「サレ妻」になったあなたへ弁護士が伝えたいアドバイス
「サレ妻」になってしまった貴女に弁護士が伝えたいアドバイス夫に不倫された… 誰よりも信頼していたパートナーに裏切られると非常に辛いものです。 もしも「サレ妻」になってしまったら、やっておくべきこと、やるべきではないことがあります。 この記事では「サレ妻」になった貴女へアドバイスさせていただきます。...
「サレ夫」になってしまったら何をすればいい!?妻に浮気・不倫をされてしまった夫を「サレ夫」というそうです。 今回の記事では、サレ夫になってしまったときの、証拠の集め方や今後の夫婦関係の選択、離婚するとなった場合の注意点についてお伝えします。...

4.W不倫(ダブル不倫)の解決方法

それでは、W不倫(ダブル不倫)における慰謝料トラブルの問題はどのように解決するのが良いのでしょうか?

これについては「4者間で和解する」という方法が有効です。

ここでいう4者とは、不倫関係にあった当事者及びその配偶者です。モデルケースでいえば、A氏、Bさん、X氏、Yさんの4名を指します。

先に説明した通り、お互いがお互いに慰謝料を請求し合って払い合うのは意味がないので、「お互いに慰謝料は請求しない」ということを前提として4者で話し合い和解での解決を図るのです。このようにすれば、慰謝料トラブルを拡大させず、スピーディかつ穏便に解決できます。

また、併せて「不倫関係を解消し今後は一切関わらない」という約束をしておけば、当事者の配偶者(Bさん、X氏)も安心できるでしょう。

浮気・不倫されたらやるべきこと7つ
浮気・不倫されたらやるべきこと自分のパートナー(配偶者)が実は不倫していた。そのような事実が発覚したら、あなたはどうしますか? 離婚を含めた夫婦関係の清算、慰謝料の請求の場面で不利にならないためには、不倫に気付いた段階から適切な対応をとっておく必要があります。 とはいえ、何をしておけば有利に事を運ぶことができるのでしょうか? 今回は、夫や妻に不倫されたときにやるべきことについて解説します。...

5.こちらの配偶者に不倫を知られていない場合

上述した4者間の和解はW不倫(ダブル不倫)の有効な解決方法の一つですが、これを行なうことができるのは双方の配偶者(Bさん、X氏)に不倫の事実を知られているケースに限ります。

例えばX氏にはYさんの不倫の事実が知られていないとして、YさんがBさんから慰謝料請求をされたケースにおいて4者間和解をするためにはX氏に不倫の事実を告げなければなりません。

X氏次第では、X氏Yさん夫婦の離婚問題に発展してしまうおそれがあります。そのため、できるだけパートナーには知られないうちに穏便に解決してしまう方が良いでしょう。

なお、配偶者(パートナー)に不倫トラブルを知られても離婚問題に発展しなさそうな場合(上記モデルでいえば、X氏に不倫の事実を打ち明けても離婚の問題に発展しないといえる場合)には、あえて知らせて4者間の和解に持ち込む方法もあります。状況に応じて判断しましょう。

6.配偶者に知られず不倫トラブルを解決する方法

不倫トラブルを自分の配偶者(パートナー)に知られないように解決するには、弁護士に代理交渉を依頼する方法が効果的です。

相手方からの慰謝料請求を自分で対応する場合、相手方から電話やメールなどの連絡が頻繁にきますし、自宅宛に内容証明郵便などの書類が届いてパートナーに見られてしまう可能性があるので、不倫の事実を知られてしまうリスクが高くなります。

弁護士に依頼し代理人に立ってもらえれば、相手方からの連絡はすべて弁護士宛に届きますし、相手方との交渉ややり取りもすべて弁護士が行います。直接の連絡が来なくなるので配偶者に知られるリスクは大きく低下しますし、自身での直接対応がなくなりますので精神的にも解放されることとなります。

相談無料
そのお悩み、弁護士に相談しませんか?
・ご相談者の満足度99.21%
・知り合いにも紹介したい方98.81%

7.配偶者に知らせずに慰謝料を払った場合の注意点

配偶者(パートナー)に不倫の事実を知られずに慰謝料を払って解決したとしても、後に配偶者に不倫を知られてしまう可能性は残ります。

モデルケースでいえば、YさんがX氏に知られることなくBさんから請求された慰謝料を支払った場合において、のちにX氏がA氏Yさんの不倫の事実を知ったケースです。

その場合、パートナー(X氏)は、不倫相手(A氏)に対し慰謝料請求することができます。また、X氏とYさんには離婚トラブルが発生するリスクがあります。

「離婚したい」あなたへ 財産分与,慰謝料,親権,離婚の進め方など【弁護士からのアドバイス】
離婚したいと考えている貴方へ配偶者との離婚を決意したとして、事前に考えておかねばならないことはたくさんあります。急いで離婚を進めてしまうと、大きな不利益を受けて後悔するケースもありますので注意が必要です。 今回は、離婚の進め方、慰謝料、親権や養育費等、「離婚したい」と考えた際に有益となる情報について弁護士がわかりやすく解説します。...

8.どちらかの夫婦が離婚する場合

W不倫(ダブル不倫)が発覚した場合において、夫婦関係が不和となって離婚トラブルに発展するケースもあります。

当事者の夫婦の一方または双方の夫婦が離婚する場合には、4者間の和解による解決方法は困難となります。離婚した夫婦は家計が別となるので、「お互いの夫婦がお互いに払い合う」という結果にはならないからです。

モデルケースにおいて、X氏・Yさんの夫婦が離婚する場合を考えます。

BさんはYさんに対し慰謝料を請求し、X氏はA氏に対し慰謝料を請求します。

X氏Yさん夫婦は離婚するので、YさんがBさんに対し慰謝料を支払ったとしてもX氏には経済的な損失はありません。逆にA氏から慰謝料を払ってもらうので金銭的にはプラスとなります。

また、不倫を理由として夫婦が離婚に至った場合には、離婚しなかった場合よりも高額な慰謝料を請求することができます。夫婦の婚姻関係を破壊したということで慰謝料の増額が認められるためです。

離婚しない場合に請求できる不倫慰謝料の相場は50~100万円ですが、離婚に至った場合は100~300万円を慰謝料として請求できます。

本件で言えばX氏はA氏に対し、BさんがYさんに請求するよりも高額の慰謝料を請求することができるということです。これを考慮せずに「クロス払いを考慮してお互いに請求しない」などと取り決めてしまうと、離婚した側の不倫をされた人(X氏)は経済的に不利益を被る可能性が高いです。
そのため、W不倫(ダブル不倫)のトラブルの過程においてどちらかの夫婦が離婚する場合には、通常4者間の合意ではなく、個別に離婚問題と慰謝料問題を解決していく必要があります。

お一人で離婚と慰謝料の両方のトラブルを解決するのは大変なので、早めの段階で弁護士に相談されるようお勧めします。

当事務所はW不倫(ダブル不倫)などの困難なケースも含め、男女問題に積極的に取り組んでいる恵比寿の法律事務所です。

4者間の和解、配偶者に知られず解決する方法、離婚トラブルが発生した場合など状況に応じて最適な対応をいたしますので、不倫トラブルでお困りの方はお早めにご相談下さい。

不貞の慰謝料とその請求方法
不貞慰謝料の請求方法について配偶者(パートナー)が不貞をしたときには、不貞相手に慰謝料を請求することができます。 ただ、具体的にどのような方法で不倫相手に請求をしたら良いのかわからない方も多いでしょう。 今回の記事では、不貞慰謝料の請求方法について解説します。...
不貞慰謝料請求について押さえておくべき知識 ~長文~
不貞慰謝料の請求方法を詳しく解説!!「夫(妻)が不倫しているので不倫相手に慰謝料請求したい」「不倫慰謝料の金額の相場はどのくらい?」「不倫の証拠の集め方を知りたい」「不倫の慰謝料請求を弁護士に依頼するメリットは?」 今回は、不倫相手に慰謝料請求するときに押さえておくべき知識をしっかりと解説します。...
相談無料
そのお悩み、弁護士に相談しませんか?
・ご相談者の満足度99.21%
・知り合いにも紹介したい方98.81%
監修者
弁護士 鈴木 翔太
弁護士法人鈴木総合法律事務所、代表弁護士の鈴木翔太です。
弊所では、99.21%の方から弁護士の応対についてご満足の声を頂いており、98.81%の方からお知り合いに紹介したいとの声を頂いております。
まずはお気軽にお問い合わせください。