離婚・男女問題

不貞の慰謝料とその請求方法

配偶者が不貞(浮気・不倫)したときには、不貞相手にも慰謝料請求できます。

ただ、具体的にどのような方法で請求手続を進めたら良いのかわからない方も多いでしょう。

不貞慰謝料を請求するためには金額の相場を把握しておくことも大切ですし、相手方がすんなり支払いに応じない場合の対処方法も把握しておくべきです。

今回は、不貞慰謝料の請求方法を解説します。

1.不貞慰謝料とは

「不貞」は、一般的には「不倫」「浮気」と呼ばれています。配偶者のある人が、別の異性と肉体関係を持つと「不貞」になります。

「不貞」は、法律上の離婚理由にもなっていますが、それだけではなく「不法行為」にもあたります。

不貞は違法な行為であり、配偶者に不貞されると人は大きな精神的苦痛を受けます。そこで不法行為が成立し、不貞をした人は不貞の被害者に対し、損害賠償をしなければなりません。その損害賠償金が「慰謝料」です。

不貞は、既婚者と不貞相手が共同して行うので、不貞行為は「共同不法行為」となります。共同不法行為とは、複数の人が共同して1つの不法行為を行うことです。

共同不法行為者は、それぞれが全額の損害賠償に応じる義務を負うので、配偶者に不貞されたときには、配偶者だけではなく、不貞相手にも全額の慰謝料請求が可能です。

2.不貞慰謝料の相場

不貞の慰謝料は、どのくらいの金額になるのでしょうか?相場を把握しておきましょう。

不貞の慰謝料の金額は、ケースによって相当ばらつきがありますが、一般的な相場は、50~300万円程度です。

ただし、夫婦が離婚するかどうかによって、金額が大きく変わります。

離婚する場合には高額になることも多いですが、離婚に至らない場合には金額が下がりますし、夫婦関係を修復する場合には100万円を切るケースが多くなってきます。

また、婚姻期間による影響も大きく、10年も夫婦関係が継続している場合には300万円程度の高額になりやすいですが、婚姻期間が1年や2年の夫婦の場合、200万円に満たないことが多くなってきます。

その他、以下のような要素によっても、不貞慰謝料の金額が変わります。

  • 不貞の頻度
  • 不貞期間
  • 不貞によって家族生活に与えた影響の程度
  • 未成年の子どもの有無、人数
  • 不貞された配偶者が仕事を辞めた
  • 不貞された配偶者がうつ病などの精神病になった
  • 不貞した側の配偶者の年齢が高い
  • 不貞した側の配偶者の収入や社会的地位が高い

具体的なケースにおいて、いくらが妥当かについては素人では判断が難しいので、不貞慰謝料を請求する際には、弁護士に相談されることをお勧めします。

3.不貞慰謝料の請求方法

不貞慰謝料を実際に請求するときには、以下のような手順で進めましょう。

3-1.証拠を集める

不貞の慰謝料を請求するときには、まずは不貞の証拠を集めましょう。

証拠がないのに慰謝料請求をすると、相手から「不倫していません」と言われてしまったときに、それ以上追及できなくなるからです。

メールや写真、デートの際の領収証や交通履歴、興信所の報告書など、ケースに応じて有効な証拠を集めましょう。弁護士にご相談いただけましたら、効果的な証拠の集め方をアドバイスいたします。

3-2.内容証明郵便で請求書を送る

証拠が揃ったら、内容証明郵便を使って慰謝料の請求書を送りましょう。このことで、相手に強いプレッシャーを与えられます。弁護士名で内容証明郵便を送ると、より強いプレシャーを与えられるので、効果的です。

3-3.交渉をする

相手に慰謝料の請求書が届いたら、慰謝料の支払方法について、交渉します。

不貞相手は、たいてい慰謝料の減額や分割払いを求めてくるので、どこまで妥協できるか検討して、話し合いをすすめましょう。

3-4.合意書を作成する

不貞相手と合意ができたら、慰謝料支払いに関する合意書を作成します。

このとき、慰謝料を分割払いにする場合には、合意書を「公正証書」にしておくとよいでしょう。

公正証書にしておくと、相手が後に不払いを起こしたとき、すぐに相手の給料や預貯金、生命保険などの資産を差し押さえることができるからです。

公正証書がなかったら、改めて裁判をしなければなりません。

3-5.裁判をする

不貞相手と交渉をしても慰謝料の支払条件について合意ができない場合には、訴訟によって解決するしかありません。

この場合の訴訟は「損害賠償請求訴訟」です。

訴訟では、事前に集めて置いた証拠を使って、相手方らの不貞を立証する必要があります。

不貞が認められたら、裁判所が不貞相手に対し、判決で慰謝料の支払い命令を出してくれます。相手が判決に従わなければ、判決書を使って強制執行(差押え)をすることも可能です。

以上のように、不貞相手への慰謝料請求には法律的な要素が多く含まれるので、自分で進めるとうまくいかないことも多いです。

 

配偶者に不貞されて慰謝料請求をお考えであれば、まずは一度、弁護士までご相談下さい。