「モラハラ夫」への対処方法を弁護士が解説【離婚・慰謝料請求】

監修者
弁護士 鈴木 翔太
弁護士 鈴木 翔太
弁護士法人鈴木総合法律事務所、代表弁護士の鈴木翔太です。
弊所では、99.02%の方から弁護士の応対についてご満足の声を頂いており、98.53%の方からお知り合いに紹介したいとの声を頂いております。
まずはお気軽にお問い合わせください。
「モラハラ夫」への対処方法を弁護士が解説【離婚・慰謝料請求】

夫がモラハラ行為を繰り返すと、妻は精神的に追い詰められてしまうものです。日常的に侮辱され続けたために妻が無感情となり「夫婦関係が異常になっている状況」を意識しなくなっているケースも少なくありません。

まずはモラハラ被害を受けていることを自覚し、これ以上被害を受けないように安全な方法で離婚を進めていきましょう。

今回は「モラハラ夫」の特徴と、モラハラ夫を相手に離婚や慰謝料請求を進める方法を弁護士が解説します。

【これってDVかもと思ったら…】離婚し、生活費や慰謝料を請求する方法
【これってDVかもと思ったら…】離婚し、生活費や慰謝料を請求する方法DV(ドメスティック・バイオレンス)と聞くと、ほとんどの方は殴る・蹴るなどの身体的暴力を思い浮かべるでしょう。しかし、DVにはさまざまな...

1.モラハラとは

モラハラとは、相手に人格的攻撃を加えて貶めることです。

夫婦間でモラハラが行われるケースは非常に多く、モラハラの程度が酷ければ離婚原因としても認められます。

もともとは「モラルハラスメント(道徳的な嫌がらせ)」という言葉ですが、一般的には略して「モラハラ」といわれるケースが多数です。

夫婦間の場合、女性が男性にモラハラ行為を行うよりも、夫が妻へモラハラ行為をする例が多くみられます。

2.よくあるモラハラ行為

モラハラ夫によくある行為は以下のようなものです。

2-1.日常的な侮辱

モラハラ夫は日常的に妻へと侮辱的な言葉を投げつけます。「バカ」「学歴が低い」「お前なんかの相手をするのは俺くらいしかいない、ありがたく思え」などと言い続けます。

妻側は無力感が強くなってしまい「本当に自分一人では何もできない」と思い込んでしまう方が少なくありません。

2-2.異常な束縛

モラハラ夫は妻に異常な束縛行動をとるケースが多々あります。たとえば1日のスケジュールを決めてそのとおりに行動するように求めます。不意打ちで自宅に電話をかけて妻が出なかったら激怒するパターンもあります。

友人や親族と会うのを禁じたり実家に里帰りするのを妨害したりするモラハラ夫も多く、ときには親の葬儀にも出席させない人もいます。

2-3.不合理なマイルールの押しつけ

モラハラ夫は、自分だけのマイルールをもっているケースもよくあります。たとえば「卵は100円のときにしか買ってはいけない」「食事はこの時間のみ」などと厳格に決めていて例外を決して認めません。妻がその通りに行動しないと激怒します。

2-4.無視

モラハラ夫がひたすら妻を無視し続けるケースも多々あります。妻が話しかけても反応がなく、何度も声をかけていると「うるさい!」と切れ出します。

2-5.子どもに悪口を吹き込む

子どもに「お母さんのようになってはいけない」「お母さんは最低な人間だ」などと妻の悪口を吹き込みます。このようなことを言われると子ども自身が大きく傷つき健全に成長していけなくなる可能性もあります。

3.モラハラは離婚原因になる

モラハラは相手の人格を無視した違法な行為であり、配偶者間であっても許されません。「法律上の離婚原因」になります。

法律上の離婚原因とは、民法が定める裁判上の離婚理由です。モラハラは「その他婚姻を継続し難い重大な事由」に該当するので、モラハラ夫が離婚を拒絶しても妻が離婚訴訟を起こせば離婚を認めてもらえる可能性が充分にあります。

日常的に夫から辛いモラハラ行為をされているなら、我慢している必要はありません。

 

妻が離婚を決意したときに知っておくべき全知識~財産分与、慰謝料、子どもの親権、養育費~
妻が離婚を決意したときに知っておくべき全知識~財産分与、慰謝料、子どもの親権、養育費~女性が離婚を進めるときには、離婚後の生活についてしっかり計画を立てておく必要があります。 子どもの親権をとる場合には養育費を払って...

4.モラハラで請求できる慰謝料

モラハラは違法行為なので、被害を受けてきた妻はモラハラ夫へ慰謝料請求も可能です。
モラハラによって発生する慰謝料の金額はケースによっても異なりますが、だいたい50~200万円程度が相場です。

モラハラ夫が不貞(不倫)している場合にはより高額になり、300万円やそれ以上の慰謝料が認められる可能性もあります。

慰謝料が高額になりやすいのは以下のような事情があるケースです。

  • 婚姻期間が長い
  • モラハラ行為が悪質
  • モラハラが行われた期間が長い
  • 未成年の子どもがいる
  • 被害者がうつ病などの精神病になった

自分のケースで個別にモラハラ被害によりどのくらいの慰謝料を請求できるか知りたい場合には、弁護士までご相談下さい。

5.モラハラ夫と離婚を進める方法

モラハラ夫との離婚を進めるには、以下のように対応しましょう。

 

「離婚したい」あなたへ 財産分与,慰謝料,親権,離婚の進め方など【弁護士からのアドバイス】
「離婚したい」あなたへ 離婚の進め方、財産分与、慰謝料、親権など【弁護士からのアドバイス】 夫と離婚したいけれど、どのように進めればよいか分からない 相手が離婚に応じてくれない場合、どうしたら良いのか? 夫が...
不倫された、親権争い、財産分与(熟年離婚)、DV離婚
離婚の進め方・手順を弁護士が解説~不倫された、親権争い、財産分与(熟年離婚)、DV離婚~「離婚したい」と考えるとき、人によって状況が異なります。 配偶者が不倫した 子どもの親権を取得したい しっかり財産...
離婚手続の種類と進め方
離婚手続の種類と進め方いざ離婚しようと思っても、「何から手を付けて良いかわからない」という方が多いでしょう。 離婚するときには、財産分与や慰謝料、親権や...

5-1.証拠を集める

まずはモラハラ行為や財産分与に関する証拠を集める必要があります。

離婚の際、夫婦間に共有財産があれば財産分与を請求できます。しかしモラハラ夫は平気で財産隠しを行う傾向があるので、財産分与を求めたければ「家にどのような財産があるのか」を把握しておく必要があるのです。

またモラハラ夫は外面が良いケースが多く、妻が「モラハラ被害を受けてきた」と言っても証拠がなければ認められにくいのが現状です。

夫から侮辱されている様子を録音録画したり、夫から渡されたメモや送られてきたメールを保管したり日記帳に詳しくモラハラ行為を記録したりして、証拠化していきましょう。

5-2.別居する

モラハラ夫と離婚したい妻が、相手と直接話し合ってもうまくいかない可能性が高いといえます。モラハラ夫は「自分が悪い」とは微塵も考えておらず「離婚請求される」などとは夢にも思っていないからです。また妻側としても、モラハラ行為を受けながら対等な立場で離婚交渉を進めるのは困難です。

まずは別居して相手と距離を置き、お互いが冷静になって話し合いを進める必要があります。

5-3.婚姻費用と離婚調停を申し立てる

別居したら、家庭裁判所で「婚姻費用分担調停」と「離婚調停」を申し立てましょう。

婚姻費用分担調停とは生活費を求める調停です。夫婦が別居したら収入の高い配偶者が低い配偶者へ生活費を払わねばなりません。しかしモラハラ夫が自主的に婚姻費用を払う可能性が低いため、調停で請求するのが得策です。

また離婚調停を申し立てれば、調停委員に間に入って離婚の話を進めてもらえるので、モラハラ夫と直接交渉せずに済みます。

5-4.弁護士を立てて交渉する

モラハラ夫と離婚したいとき、調停を申し立てる前に弁護士を立てて交渉する方法もあります。弁護士からの連絡であれば、モラハラ夫も真剣に対応するケースが多く、前向きに離婚を進められる可能性が高くなります。また弁護士が間に入ればモラハラ夫と直接話をする必要はありません。

最後まで相手と顔を合わさずに離婚を成立させることができますし、離婚公正証書を作成すれば、相手が養育費を払わない場合に給料や預貯金の差押えも可能です。

5-5.離婚訴訟を起こす

調停も不成立になったら、離婚訴訟を起こす必要があります。訴訟手続き内でモラハラを立証できれば判決によって離婚できます。

ただし訴訟で離婚や慰謝料を認めてもらうためには「証拠」が必要です。また法律論に従った的確な主張をしなければならないので、弁護士に依頼するのが必須となるでしょう。

 

当事務所ではモラハラ事案の解決サポートに積極的に取り組んでいます。話しやすい雰囲気作りを心がけておりますので、夫のモラハラに日々悩んでいる方がおられましたら、お気軽にご相談下さい。

 

相談無料
そのお悩み、弁護士に相談してみませんか?
・ご相談者の満足度99.02%
・知り合いにも紹介したい方98.53%
監修者
弁護士 鈴木 翔太
弁護士 鈴木 翔太
弁護士法人鈴木総合法律事務所、代表弁護士の鈴木翔太です。
弊所では、99.02%の方から弁護士の応対についてご満足の声を頂いており、98.53%の方からお知り合いに紹介したいとの声を頂いております。
まずはお気軽にお問い合わせください。