過失割合の決定方法や不満がある場合の対処方法

監修者
弁護士 鈴木 翔太
弁護士 鈴木 翔太
弁護士法人鈴木総合法律事務所、代表弁護士の鈴木翔太です。
弊所では、99.02%の方から弁護士の応対についてご満足の声を頂いており、98.53%の方からお知り合いに紹介したいとの声を頂いております。
まずはお気軽にお問い合わせください。
過失割合の決定方法や不満がある場合の対処方法

交通事故では、物損事故でも人身事故でも「過失割合」が非常に重要です。被害者の過失割合が高くなると、その分相手に請求できる賠償金の金額を減額されてしまうからです。

以下では交通事故の過失割合とはどのようなものでどうやって決めるのか、定められた過失割合に不満がある場合の対処方法をご紹介していきます。

 

過失割合の修正要素を事故のパターン別に弁護士が解説
過失割合の修正要素を事故のパターン別に弁護士が解説交通事故が発生すると、お互いの「過失割合」を定める必要があります。 こちらの過失割合が高くなると「過失相殺」が行われて相手に請求で...
交差点の交通事故における過失割合をパターン別に解説!交差点では日々、多くの交通事故が起こっています。 事故に巻き込まれてしまったら、加害者側の保険会社と示談交渉をしてお互いの「過失割...

1.過失割合とは

交通事故における過失割合とは、事故当事者お互いの責任割合です。

交通事故が発生したとき、「どちらか一方だけが悪い」ケースはそう多くはありません。たいていは当事者の双方に何らかの責任があるものです。

両方に責任が発生する場合にはその責任割合を決める必要があり、その割合が「過失割合」です。

過失割合は合計して100%となり、当事者の過失の程度に応じて割り振ります。

たとえば30%:70%、20%:80%などとなります。

過失割合が100%:0%になる交通事故は、一方的な追突事故や完全な赤信号における信号無視の事故、センターオーバーなどの事故に限られます。

2.過失割合と過失相殺

交通事故で自分の側に過失割合を割り当てられると、示談交渉で不利になる可能性が高くなります。不法行為にもとづく損害賠償請求では、被害者に過失が認められると「過失相殺」されるからです。

過失相殺とは、被害者に過失がある場合にその過失の分、相手への賠償金請求額から差し引くことです。

被害者に過失があると、被害者も損害発生の一因となっていることを意味します。
そうであれば、加害者だけではなく被害者にも損害についての責任を負わせるのが公平です。

このような「損害の公平な分担」という考え方により、被害者に過失があったら加害者に請求できる金額を減額するのです。

交通事故における過失相殺は、一般的に被害者の過失割合に応じて計算されます。たとえば被害者に30%の過失割合が認められる場合には、相手に請求できる賠償金が30%減額されます。

もともと500万円の損害が発生していても、過失相殺によって30%減となったら350万円しか払ってもらえません。

交通事故の当事者にとっては、自分の過失割合を低くすることが重要になります。

3.過失割合の決め方

交通事故が発生したとき、どのようにして過失割合を決めているのでしょうか?

一般の方は「警察が決めてくれる」と思っていることがあります。しかし警察は民事不介入であり、当事者の過失割合を定めることはありません。交通事故証明書にも過失割合は記載されていません。甲乙欄はありますが、どちらが被害者でどちらが加害者という確定的な基準もありません。

現実には多くの場合、被害者と加害者の話し合いによってそれぞれの過失割合を決定します。保険会社が代理交渉する場合には、保険会社同士のやり取りで決定されます。

ただし保険会社が恣意的に過失割合を決めるわけではありません。

交通事故の過失割合には、自動車やバイク、自転車や歩行者などの事故の当事者別、交差点や追い越し際などの事故の状況別に、細かい基準があります。その基準はこれまでの交通事故裁判例の蓄積と研究によって明らかにされているものです。

保険会社が話し合いをするときにも、大筋はその基準に沿って過失割合を決めています。

4.被害者が過失割合に納得できない理由

実際に被害者と加害者の過失割合について保険会社から打診があると、被害者は納得できない思いを抱えるケースが多数です。その理由は以下の通りです。

4-1.相手が嘘をついている

交通事故の当事者は、事故の状況について嘘をつくことが多々あります。得られる賠償金が減らされることもありますが、刑事事件になっている場合、事故状況を自分に有利に説明しないと処分が重くなってしまう可能性も高まるからです。

相手が嘘をついており、その嘘を前提に事故状況を判定されて過失割合を決められたら被害者が納得できないのも当然です。

4-2.保険会社が過大な過失割合を当てはめるケースもある

過失割合には法的な基準がありますが、保険会社が過失割合を決定するとき、必ずしもその基準通りにするわけではありません。被害者が個人で対応している場合、被害者に法的な知識がないことに乗じて過大な過失割合を当てはめてくるケースもあります。すると被害者としては感覚的に「この過失割合は高すぎるのではないか?」と疑問を抱き不満を感じます。

5.過失割合に不満がある場合の対処方法

過失割合に不満がある場合には、以下のような対応をしましょう。

5-1.事故の状況を明らかにする

加害者が事故状況について虚偽を述べている場合には、事故の状況を明らかにする必要があります。

現場に行って相手の供述内容と整合しない部分がないか確かめたり、実況見分調書を取得して相手の言い分と異なる点がないか調べたり、目撃者を探したりしましょう。

車両にドライブレコーダーが搭載されていた場合には、その映像から事故状況や相手の嘘を証明できるケースもよくあります。

5-2.正しい過失割合基準を把握する

次に、事故のパターンごとの正しい過失割合を把握することが大切です。過失割合には、基本の割合だけではなく「修正要素」もあるので、加味して適切に算定しましょう。

修正要素とは、被害者や加害者に著しい過失や重過失がある場合や道路状況が特殊な場合などに基本の過失割合を加算減算する要素です。

たとえば相手に著しい過失があれば、相手の過失割合が5~15%程度加算されます。

正しい過失割合を知る方法としては、別冊判例タイムズなどの本を購入して自分で調べるか、弁護士に相談します。自分で本を購入し調べるのが負担であれば、当初から弁護士に相談をして聞いた方が手間もかからず確実です。

 

交通事故に遭って過失割合に納得できない気持ちを抱えているなら、お気軽に恵比寿の弁護士までご相談ください。

相談無料
そのお悩み、弁護士に相談してみませんか?
・ご相談者の満足度99.02%
・知り合いにも紹介したい方98.53%
監修者
弁護士 鈴木 翔太
弁護士 鈴木 翔太
弁護士法人鈴木総合法律事務所、代表弁護士の鈴木翔太です。
弊所では、99.02%の方から弁護士の応対についてご満足の声を頂いており、98.53%の方からお知り合いに紹介したいとの声を頂いております。
まずはお気軽にお問い合わせください。