刑事事件

家族が窃盗事件で逮捕されたときの対処方法

ある日突然家族が窃盗事件で逮捕されたと聞かされたら、どのような方でも気が動転してしまうでしょう。

そのようなときには心を落ち着けて当初より適切な対応をとる必要があります。

今回は、窃盗罪が成立するケースと適用される罰則、窃盗罪で逮捕されたときの正しい対処方法をご紹介します。

1.窃盗罪とは

1-1.窃盗罪が成立する要件

窃盗罪とは、他人が占有している物を盗み取ったときに成立する犯罪です。

他人の占有について

窃盗罪が成立するためには、対象物が「相手が占有している物」であることが必要です。

たとえばコンビニなどのお店の物は店主の占有下にありますから、お客が盗ると窃盗罪となります。占有は現にその場にいる人でなく管理者にも認められるので、倉庫に忍び込んで物を盗ったときなどにも窃盗罪が成立します。

誰かに自分の所有物を預けていて返してくれないから無断で取り返した場合にも、相手に占有が認められる以上窃盗罪が成立してしまう可能性があります。

ただし、他人に占有がある必要があるので、既に占有を離れている場合には物をとっても窃盗罪になりません。

たとえば電車の車内やお店の座席、公共のベンチなどに置き忘れている財布や鞄をもらってきてしまった場合、窃盗罪ではなく遺失物横領罪という罪になります。

ただし、置忘れ等であっても、被害者が置き忘れてから間もなく置き忘れたことに気づき、置き忘れた場所から遠く離れていない場合等、時間的・場所的に近接している場合には、置き忘れた人の占有がまだ物に及んでいると考えられ、窃盗罪が成立することもあります。

不法領得の意思について

窃盗罪の成立には「不法領得の意思」が必要です。

不法領得の意思とは、自分のものにしてやろうという気持ちです。

たとえば相手のお金を盗ったり価値のあるものを盗って転売してやろうと考えていたりすると、不法領得の意思が認められて窃盗罪が成立します。

これに対し、相手に対する嫌がらせの気持ちで相手の占有下のものを隠したり壊したりした場合には、不法領得の意思がないので窃盗罪が成立せず、器物損壊罪が成立します。

1-2.未遂罪について

窃盗罪には未遂罪があります。そこで、物を盗ろうとして窃盗行為に着手したけれど見つかって失敗した場合などには窃盗未遂罪となります。

2.窃盗罪の刑罰

窃盗罪の刑罰は、10年以下の懲役刑または50万円以下の罰金刑です。

被害額が大きいケースや2回目以降で同種前科がある場合などでは重い刑罰が適用されます。初犯の場合や被害額が小さいケース、被害者との示談をして被害弁償ができている場合などには適用される刑罰が軽くなりますし、不起訴(起訴猶予)処分となる可能性も高いです。

3.窃盗罪が成立する典型的なケース

窃盗罪が成立する典型的なケースは、以下のような場合です。

  • コンビニやスーパーで万引きした
  • ひったくりをした
  • 原付や車を盗った
  • 他人の家においてある金品を盗った
  • 倉庫に忍び込んで物を盗った
  • 資材置き場においてある物や車両を盗った

窃盗罪は比較的広く成立する犯罪なので、「他人の物を勝手に盗ってしまった」場合、まずは窃盗罪が成立する可能性を考えましょう。

4.窃盗罪で逮捕されたときの対処方法

もしも家族が窃盗罪で逮捕されてしまったら、どのように対応すれば良いのでしょうか?

通常、家族が逮捕されると警察から電話などで連絡があります。まずは何の容疑で逮捕されたのか、どこの警察署に留置されているのか、会いに行っても良いのかを訪ねましょう。良いと言われたらすぐに面会に行くべきです。

4-1.弁護士に相談する

ただ、逮捕直後の3日程度は家族でも面会させてもらえないケースが多いです。逮捕後勾留決定が出るまでの間は、弁護士でないと接見(面会のこと)が認められないからです。

このような場合、すぐに弁護士に相談すべきです。弁護士に、なぜ逮捕されたのか、どこの警察署に留置されているのかを伝えて一度本人に面会に行ってもらいましょう。

逮捕された本人は、突然警察に身柄を留置されてしまったことによって非常に動転しているものです。そのままだと、警察に誘導されて、虚偽の自白などの不利な供述をしてしまう可能性もあります。弁護士が面会に行くと、まずは本人にこの後の手続きの流れを説明し、虚偽の自白をしないことなど必要な対応方法をアドバイスするので不利益を防ぐことができます。

また、可能な限り早めに被害者と連絡を取り、示談や被害弁償をすることで、勾留前に釈放してもらえることもありますし、処分を軽くすることができ、不起訴(起訴猶予)処分となる可能性も高くなります。

4-2.勾留に切り替わったらすぐに接見に行く

勾留に切り替わった場合には、早い段階で家族としても接見に行き、顔を見せてあげるようにしましょう。このことで本人も安心し、厳しい取り調べに対応する力を得られるものです。留置所ではさまざまな物が不足するので、必要な物を聞いて差し入れをしてあげることも大切です。

家族が窃盗罪で逮捕されたとき、初動が非常に重要です。逮捕直後から弁護士を派遣することでご本人の権利保護につながるので、家族が窃盗罪で逮捕された場合、お早めにご相談下さい。