刑事事件

「煽り運転(あおりうんてん)」で成立する犯罪とは?逮捕された時の対処方法

近年では危険な「煽り運転(あおり運転)」が社会問題となり、厳罰化も進められています。

煽り運転とは、前の車と車間距離を詰めたり幅寄せしたり追い立てたりして重大な交通事故を引き起こす危険を生じさせる運転方法です。

2017年6月には、煽り運転の被害者が退避のために高速道路上に車を停車させていたところ、後続車に追突されて死亡する痛ましい事件も発生しています。

煽り運転をすると加害者にはどういった犯罪が成立するのか、煽り運転で逮捕されたらどうしたら良いのかなど、弁護士が解説します。

1.煽り運転とは

煽り運転は、他の車にプレッシャーをかけて交通事故の危険を発生させる危険性の高い運転です。近年では煽り運転による被害者が死亡した事例が日本中で大きな話題となり、社会問題化しました。

煽り運転に対しては警察による取り締まりが強化され、厳罰化も進められています。軽い気持ちで他人の車を煽る行為をすると、逮捕されて初犯でも重い処罰を与えられる可能性があるので注意が必要です。

2.煽り運転の典型的な行為

典型的な煽り運転の行為は以下のようなものです。

2-1.車間距離を詰める

前の車に過度に近づいてプレッシャーを与える行為です。

2-2.幅寄せをする

横の車に幅寄せをしてプレッシャーを与える行為です。

2-3.クラクションを鳴らす

クラクションを鳴らし続けるなどして他の車にプレッシャーを与えるのも煽り運転とみなされます。

2-4.不必要なパッシングをする

パッシングによって威嚇するのも煽り運転行為の1種です。

2-5.異常なスピードで追い立てる

後ろから異常なスピードで追い立てると被害者が焦って運転ミスをしてしまいます。このような行為も煽り運転とみなされます。

3.煽り運転によって成立する犯罪

煽り運転をすると、どういった犯罪が成立するのでしょうか?

3-1.「煽り運転罪」はない

まず「煽り運転罪」という犯罪はありません。今後は制定される可能性もありますが、2020年3月時点においては他の車にプレッシャーをかけても「煽り運転罪」によって逮捕されたり起訴されたりする可能性はありません。

3-2.暴行罪(刑法208条)

かつて煽り運転による死亡者が出たとき、煽り運転を直接罰する規定がなかったために「悪質な煽り運転を規制できないのではないか?」と問題視されました。

そこで現在では刑法上の「暴行罪」による取り締まりが進められています。

暴行罪は「不法な有形力の行使」をしたときに成立する犯罪です。たとえば人を殴ったり蹴ったり胸ぐらをつかんだりしたら暴行罪が成立します。

煽り運転で被害者にプレッシャーをかけるのも暴行の1種とみなされます。現実に前方車両との車間距離を詰めたり蛇行運転したりして「煽り運転」をした加害者が「暴行罪」の嫌疑で逮捕された事例などもあります。

暴行罪の刑罰は「2年以下の懲役もしくは30万円以下の罰金または拘留もしくは科料」です。

3-3.車間距離保持義務違反

道路交通法には「車間距離保持義務」が規定されています。前方車両との間に適切な車間距離を保持しなければならないという運転者の義務です。煽り運転で車間距離を詰めると車間距離保持義務違反となります。高速道路上の場合には「3か月以下の懲役刑または5万円以下の罰金刑」、それ以外の場所では「5万円以下の罰金刑」が適用されます。

3-4.進路変更禁止違反

道路交通法では、安全な方法で進路変更しなければならないと規定されています。
隣の車に無理な幅寄せ行為をすると、進路変更禁止違反となる可能性があり、罰則は「5万円以下の罰金刑」です。

3-5.追い越し禁止違反

左車線から追い越しをしたり追い越し禁止場所で無理に追い越したりすると、追い越し禁止違反となって「3か月以下の懲役または5万円以下の罰金刑」が適用される可能性があります。

3-6.急ブレーキ禁止違反

急ブレーキをかけて他の車にプレッシャーをかけると、急ブレーキ禁止違反となって「3か月以下の懲役または5万円以下の罰金刑」となる可能性があります。

3-7.クラクションやパッシングの濫用

やみくもにクラクションを鳴らしたりパッシングによって威嚇したりすると「警音器使用制限違反」「減光等義務違反」となり、「5万円以下の罰金刑」が適用される可能性があります。

3-8.危険運転致死傷罪

危険な煽り運転によって交通事故を引き起こし、被害者を死傷させたら「危険運転致死傷罪」が成立する可能性が高くなります。

被害者がけがをした場合には危険運転致傷罪、被害者が死亡したら危険運転致死罪となります。

危険運転致傷罪の刑罰は「15年以下の懲役刑」、危険運転致死罪の刑罰は「1年以上の有期懲役刑」です。

道路交通法違反や暴行罪などが一緒に成立すると刑罰が1.5倍になるので、危険運転致傷罪の場合に22.5年、危険運転致死罪の場合に30年もの長期にわたる有期懲役刑が適用される可能性があります。

実際に2017年に高速道路上で煽り運転行為を行って被害者を死亡させた男性は「危険運転致死罪」によって処罰され、「懲役18年」の判決を受けています。

https://www.sankei.com/affairs/news/181214/afr1812140006-n1.html

4.煽り運転で逮捕されたら

4-1.煽り運転を軽く考えてはならない

車を運転しているとき、ついつい煽り行為をしてしまう方がいらっしゃいます。「相手が悪い」「イライラしたからつい」などの軽い気持ちで車間距離を詰めることもあるかもしれません。

しかし今は煽り運転への処罰が強化されているので、軽く考えてはなりません。
特に交通事故を起こしてしまった場合、危険運転の罪が適用されて極めて重く処罰される可能性も高くなっています。

4-2.すぐに弁護士を呼ぶ

煽り運転で逮捕されたら、すぐに弁護士を呼びましょう。「交通違反だから2日もあれば留置場を出られるだろう」などと考えていても、予想に反して勾留され20日以上身柄拘束される可能性が高くなり、起訴されて正式裁判になる可能性もあります。

早期に身柄を解放してもらうには、弁護士が接見に行って具体的な事情を確かめ、検察官に悪質でないことなどを説得的に説明する必要があります。

また「煽り行為」の疑いで検挙されても、よく調べてみたら暴行罪も道路交通法違反も成立しないケースも考えられます。被疑者の利益を守るため、まずは法律に詳しい弁護士が状況を分析することが大切です。

 

もちろん煽り運転をしてはなりませんが、不当な逮捕や処罰が許されるわけでもありません。当事務所では交通事犯を含め刑事事件に積極的な対応を進めています。恵比寿・東京周辺で煽り運転によって逮捕されたなら、すぐに弁護士までご相談下さい。